12/20/2007

Wellness express 8


毎月0のつく日はWellness expressの予定です。
私がこれを書くわけは、こちらに。




寒い時期には脳出血、暑い時期には脳梗塞が増えると
言われる。

理屈は合っている。
寒くて血圧が上がると、血管が切れて出血するし、
暑い夏に脱水になると、血管が詰まって脳梗塞になる、ということだ。

           つめつめ

でも、現実は理屈通りでもない。
案外、寒くなると脳梗塞の人も多くなったりする。
現に今、もうすぐ年末だというのに、脳梗塞で入院する
人が急増中だ。
毎年のことだけど。



さて、脳梗塞の治療はどうするか。


おおざっぱに言うと、最初の1〜2週間は点滴、その後は飲み薬だ。
重症の脳梗塞でなければ、普通は手術はしない。

ぜひ知っていただきたい事がひとつ。
その点滴も飲み薬も、できてしまった脳梗塞を治すことはできない。

            ガーン!

点滴で、脳梗塞の悪化を最小限に食い止める
そうやって急性期を脱したら、以後は血が固まりにくくなる飲み薬を飲むことで、再発を防ぐ

だから、早く病院に行くことが大事なのだ。
悪くなった分は、薬で戻せないのだから。



じゃ、症状が良くなるのは、なんで?


リハビリで、周りの生き残った脳を鍛えるのである。
周りの脳細胞に、今までの何倍も働いてもらうのだ。
死んで無くなった脳細胞の分まで頑張ってもらうのだ。

脳梗塞になったところは、何年経っても、MRIやCTでは傷跡として写ります。



では、脳梗塞にならないためにはどうすれば?


これは、ひとつ気をつけていればいいというものではない。
血圧、血糖値、コレステロール、尿酸(痛風のもと)、などに注意を払うことが必要だから、健診も、大事。




いわゆる「健康な食事」と、






「適度な運動」も、大事。




地味ですよね。
そのとおり、近道もなければ決定打もないのが、脳梗塞対策。
それでも、他の病気と同じく、ポイントはあります。


 こまめに水分摂取

 一日何リットル、と目標を決めて、苦行の如く飲む
 必要はない。
 こまめに飲むことの方が大切だ。
 何でも良い。水でも、お茶でも、牛乳でも。
 みずみずしい食べものでも。


 脱水になれば、血はどろどろと粘っこくなり、
 詰まりやすくなる。
 喉が渇いてから、では遅すぎることをお忘れなく。


 煙草はサイアク

 煙草って、二通りの悪さをする。
 吸ってる最中、血流はガタ落ちだ。
 のみならず、動脈硬化を進めるので、将来、脳梗塞に
 なりやすくなる。
 短期的にも、長期的にも、悪者なのだ。

            娘も、

        母親も、 ワルいのだ。


 やっぱりMRI

 ある程度の年齢になったら、一度は受けておくと
 良い。
 脳血管って、動脈硬化が進んでだんだん細くなって
 いても、とことん悪くなるまで、痛くも痒くもない。

 何歳からという線引きは
 できないが、まあ、40歳を
 越えたら、適当な時期に一度
 受けておくと安心だ。

 知らない間に、血管が詰まり
 そうになってるかもしれない
 から・・・






脳梗塞は、けっこう複雑な病気だ。
呼び名も塞栓とか血栓とかあるし、詰まり方にも
いろいろある。
治療方法も、いろいろ。心臓の治療をしないと防げない脳梗塞もある。
とにかく、ご縁ができないようにしたいものだ。













 ドーモ、
 ゴ縁ガナイヨウデ...



年末、年始と、けっこうばたばたと慌ただしい。
お茶も飲まずに大掃除したり、親戚が集まっておおわらわだったり。
いつになくお酒が入ったりする。かつ、寒い。

こういう時こそ、病魔がスキをうかがっておりますよ。
ご用心・・・




   クリックありがとう!休憩も大切でーす。
           ↓
        BlogRanking...

8 件のコメント:

ウズラ さんのコメント...

水分をあまり取らない方に入る私ですら驚くほど、夫は水分摂取をしない人だった?!
心配になって、しょっちゅうお茶を入れたり、食事に汁物が増えたり。
だけど「お茶いらない」とか、やっぱり摂取量は極端に少なく。
「いらない」って欲してない人に飲み物を勧めるのって難しいねえ(^^;)

MK さんのコメント...

大量の水分を摂るようにしています。

だいぶ昔から。

父兄母の順で胆石になってるので予防を兼ねて。
「それ、予防になってないんじゃない?」って言われた気もしますが、もはや習慣です。

今日、なんとなく立ち読みした「空腹力」なる本には、水分の過剰摂取は身体に悪い!みたいなことが書いてあって、、、みないことにしました。

 「つめつめ」しているやつらは・・・!
 懐かしい。。。ついに登場ですね。

Bun さんのコメント...

日常の注意、治療のプロセス、心にとめておきます。
役立つ情報ありがとうございます。
MRIは「動脈硬化がないか、みてください」と言って受けられるものですか? じゃなくて脳ドックとか?
もう充分すぎるほど「ある程度の年齢」に達していますので(笑)

jick-jick さんのコメント...

痛風になった時、一日1.5~2Lの水分を摂取して下さいと言われ
その水分だけでご飯が入らないほど
苦しかった事を思い出します

ビ-ルは体がとても欲しているのにね!

ハニフラ さんのコメント...

ウズラちゃん、なぜか水分摂りたがらない人は、何となく摂らない人と、摂らないって決めてる(?)人といるように感じます。
「知りませんでした、水分が大事なのですかー!」と言って、次回から外来にもペットボトル持参する患者さんと、いつまでも「あんまり飲まないタチやねん」と言って変わらない人。

水分の多い食べものを増やす作戦がいいでしょうね。それと、楽しい時間にすること、ですよね、水分摂取の時間を。ただ飲むんでなくて。

頑張って、奥さん!!

ハニフラ さんのコメント...

MKさん、空腹力・・・?さすが本好き、ジャンルが広いですねえ。なんか面白そうな本。

「水」分摂取って言葉に惑わされて、水が一番いいと思っている人多数。水ばかり飲んでも、オシッコに出ちまうので、かえって脱水になったりするんですよね。食材にもとから含まれる水分が、一番効率よく利用できると思います。

確かに、やたら飲めばいいと言うものでもありませぬ。それにしても、胆石、なぜにそんなに・・・?お腹のDrに訊いときます。

ハニフラ さんのコメント...

Bunさん、脳ドックでもいいのですが、お高いので・・・

直接脳外科に行かれたらいいですよ。
問診票には頭痛がするので、とか適当に書いてもいいですし、ずばり「MRI希望なんです」でも大丈夫。

実際、けっこう来られます。そろそろ心配なのでMRIを受けておきたいと思った、という人。いいことだと私は思います。

それで「今症状がないならドックに行ってください」なぞと言う医者がいたら、ちょうどいいです、そんな医者にはかからない方がいいですから。

転ばぬ先のMRI、お勧めでーす!

ハニフラ さんのコメント...

あ、水分を摂らないjickさん!(笑)
ビールは、そうですねえ、お気持ちはとっても分かるのですが・・・かえって脱水になります。利尿効果がありますから。

にしても1.5〜2Lはキビシイ。でも、そういう話が蔓延してるようで、患者さんからも、そのくらい必要なんですよね?とちょくちょく訊かれます。
たしかに、平熱の成人男性で、食事を全く摂らなければ、そのくらい必要です。
それより、痛風、豊かな海の幸を食べ過ぎられたのでは?

奥様が悩んでますので、ちょくちょく、お二人(と二頭)で楽しいティータイムを過ごしてくださいまし。ビールでなく。