12/10/2007

Wellness express 7


毎月0のつく日はWellness expressの予定です。
   私がこれを書くわけは、こちらに。




名前はよく聞く。
でも、実はあんまり詳しく
知らない。

それが「脳梗塞」。


             「知ってる?」「知ラナイ」


脳の血管が詰まると、その行き先の脳細胞が死んでしまう。
ちょうど、水道管が詰まって、そのお宅の人が困る、
そんな感じ。

水道管の元の方で詰まれば、何軒もが困るし、一番末端で詰まれば、困るのは一軒だけだ。
そうやって、広範囲で重症な脳梗塞から、なんにも症状を出さない小さな脳梗塞までに分かれるわけである。



脳梗塞になる人は結構多い。


ひどい麻痺が出たり、意識を失ってイビキをかいたり
するような時には、誰でも119を回すだろう。
だからここでは、軽い場合に絞って書く。


脳梗塞のややこしいところは2つある。

 頭が痛くない

 いろんな症状がある

このために、家で様子を見ていて悪化させてしまう人がけっこういるのだ。

         病院行ットイデ!!


頭が痛くない

 怖い頭痛は、出血、脳腫瘍、脳炎などの時。
 特殊な場合を除いて、脳梗塞は頭痛がないので、
 油断召されるな。


いろんな症状がある

 ”片側の手足の麻痺”、”ふらつき”、”呂律が回ら
 ない”、などの症状は代表的なものとしてよく聞くが、
 それが軽いうちはどんな感じか?

 答え:ちょっと字が書きにくい、あるいはよくつまず
    く、ふらふらして疲れた感じ、早くしゃべると
    もつれる、など。

 その程度だと、つい様子を見てしまう。
 仕事が忙しい時などはなおさらそうだ。

 で、一晩寝て、治ってるかと思って翌朝
 起きたら、悪化していたりする。


 あと、麻痺というのは、「動きが悪い」だけでなく、
 「感覚がおかしい(痺れや、感覚が鈍る)」という
 のもあるのでご注意を。

 また、キッチリ屋さんがある日突然だらしなく
 なったら?
 なんと、それが脳梗塞のことも。なんでもアリだな。

           キッチリ。

          メンドウ〜。



かように、トリッキーで罪深い脳梗塞。
もしかして、と思ったら、軽くてもなるべく早く病院に行ってください。
脳梗塞の治療は、時間の勝負である。
2〜3日の間に進行する脳梗塞がけっこうあるのだ。


一方で、手が痺れて動きづらくても、ひどい眩暈で
吐きまくっても、脳は大丈夫なこともある。

まずは診てもらって、大丈夫と言われたら、足どり軽く家に帰って、お茶でも飲もう。

          大丈夫ダッタノ



次回も脳梗塞について。




  クリックありがとう! 体のサインに忠実に。
           ↓
        BlogRanking...

2 件のコメント:

Bun さんのコメント...

WEシリーズを楽しみに…ん? コトバがふさわしくない…心待ちに、しています。
脳梗塞。舅はこの病をえて6年後に亡くなりました。音楽と美術とお菓子をこよなく愛し、80余年を夢にたゆとうように生きた、同世代には滅多とない男性でした。一方、夢見る夫と現実との間に立たされた姑は高血圧&糖尿病! このような父母の息子の体質たるや…推して知るべし。中性脂肪やら血圧の数値に一喜一憂する日々。
脳梗塞についても立場上(=私自身の幸せのため)、心得ておかなくてはと思った矢先のWE_7、心強いことです。

ハニフラ さんのコメント...

Bunさん、そう言っていただけると、本当に励みになります。
素敵に人生を生きてきた人にも、病気は容赦なく襲いかかります。ほんの少しの積み重ねで、それを避けられる可能性を大きくできたら・・・。

Bunさんの御家族のご健康、ひいては幸せに、少しでもお役に立てれば幸いです。

もともと、クモ膜下出血の後は、一回読み切りで、外傷について書こうと思っていたのですが、オシム監督のことや、脳卒中の多い気候になってきたこともあり、脳梗塞に変更しました。
次回も、ぜひ!ご覧になって下さいね^^