12/07/2007

稚加榮



My favorite Men to a echo.



口走ってすみません、Bloggerの英語表記がなかなか修正されないので、英語の呪いがかかっております。

訳して、
私の大好きな明太子、です。



子供の頃から明太子が大好き。
父が福岡出張のおみやげに買って帰った時だけ
食べられる、特上珍味だった。

大人になってからは、なぜか子供の頃のような、ピリッと辛くて臭みのない明太子になかなか出会えず、自分の明太子への愛が消えたのか?と疑ったこともあった。

そんな折、初めての福岡出張が決まった私に、上司が
 「福岡いうたら明太子やろ?
  明太子いうたら、稚加榮やで。」
とささやいてくれたのだ。


ちかえ、ちかえ、・・・と、漢字も分からないまま、
呪文のように唱えつつ福岡へ到着した、いたいけな
ペーペーの私。

現地で顔を合わせた、他の上司達に、明太子の名店が
あること、そこの明太子は、空港や百貨店などではおいそれとは手に入れられないらしい(当時)ことなどを、熱く語った。








        歓喜の二段重ね


だが、悲しいことに、そこはペーペー。

自分の仕事が済むと、とっとと大阪へ舞い戻り、出張の間に(と言っても一晩なのだが)たまりまくった仕事をこなさねばならない。
福岡のどこかで私を待っているであろう稚加榮のことは、頭から消えていた。
(稚加榮への興味がその程度だったわけではない。
 それほど、忙しい日々だったのだ。なにしろ、月6万
 の給料をもらっていることすら忘れるくらいだ。)

       そのつまみ食いは危険ですよ


一方、ある程度上の人間になれば、多少は時間のゆとりも出てくる。

なんと、私が帰阪した後、私からの情報を元に、福岡
出張していた者全員で、稚加榮へ繰り出し、おいしい
料理に舌鼓を打ったあげく、おみやげに明太子を購入して帰ったというではないか。

情報提供者は私なのに。
話した時には、ごく普通の興味しか示さなかったのに!







許スマジ


ペーペーながら、私はその場にいた上司一人一人に
対して抗議した。
あれから11年経った今でも、ときどき思い出しては文句を言っている。
食べ物の恨みは怖いと決まっている。
これからも、ときどき思い出しますよ。



そんな、怨恨の詰まった、いや、思い入れの強い稚加榮の明太子を、ここ数年、年に2回、必ず送って下さる人がいる。
私は毎回狂喜乱舞である。

しかも、いつも2段重ねである。
私は床に額を擦りつけて感謝する。

こういうことが続けば、上司達にかけられた、私の
明太子の呪いもいつか解けることだろう。

          辛エーーッ!


今や、私にとって明太子と言えば稚加榮
世間では老舗の偽装事件などもあるようだが、それでもここの明太子は旨い。
一粒一粒がプチプチと張りつめており、皮は薄く、
生臭さはなく、味わいに深みがあり、その上でピリッと辛い。
絶品ナリ。



今宵もふた切れ、いただいた。
さて、お礼の葉書を書くと
しよう・・・








       クリックありがとう!
   英語と明太子の呪いが解けますように。
           ↓
        BlogRanking...

4 件のコメント:

Bun さんのコメント...

初めてお邪魔します。「saltyspeedy」でコメント仲間になっていただいたBunでございます。
稚加榮と聞いて思わずコメントボタンを押しました。
なっつかしい! そのむかしBoy Friend が福岡へ出張の度に買ってきてくれたものでした。
「明太子といえば稚加榮なんだぞ」と自慢げに。おいしいですよねぇ〜! あぁ、食べたくなっちゃったなー。
ちょいとググってみたら取り寄せできるみたい。
ちなみに、私の「My favorite」は京都・はれまのおじゃご(ちりめん山椒)であります。四半世紀も前、友人からいただき、いっぺんで恋におち、時々思い出すものの仲々くちに入らず…。しかしハッと気づいてみれば世はWeb時代。見つけたんです、東京で入手可能な百貨店を。以来、わが家の常備食です。
長くなってスミマセン。食べ物のハナシになるとつい…。
またお邪魔させてください。では〜!

ハニフラ さんのコメント...

Bunさん、いらっさいませ!
稚加榮がご贔屓でいらっしゃいましたか。ええ、ええ、本当においしいですよね。あ、稚加榮のサイト、文中からも飛べますよ〜。

賞味期限とにらめっこしながら、なるべくもたせるように少しずつ食べてます。お高いですから・・・

でも、Boy Friendのおみやげだなんて、辛いけど甘い想ひ出、ですね^^

ちりめん山椒の名店、はれまですか。
京都なら近いのに、知りませんでした。私も調べてみようっと。いいこと教えていただきました!

どうぞこれからも、よろしくお願いします。コメント、いくらでもお好きなだけ長〜くどうぞ!
お待ちしてまーす♪

Bun さんのコメント...

届きました、稚加榮の明太子!
(あ、今日はコメント欄まわりが英語じゃない。ホッ)
取り寄せちゃったんですー。早速ひとくち…んー、ウマイっ。何年ぶりでしょう、ハニフラさんのおかげでキヨブタ(清水の舞台…)贅沢をしちまいましたぁ!(笑)
もちろん二段重ねなんかじゃありません。でも送料、代引き手数料等々でいいお値段でした。代引きが一番早い入手方法でした。待ってるうちに大地震がきたら悔しいから手数料くらい、ね。
ひとつお聞きします。説明書に「長期保存は冷凍庫へ」とありますが、ハニフラさん、冷凍なさったことは? 「賞味期限とにらめっこ」というのは、冷凍はやはり味が落ちるとの経験から? ただいま一腹分ずつラップしてチルドに待機中。

ちなみに「はれま」のURLです。
http://www.harema.co.jp/
検索ですぐ見つかるのでおせっかいとは思いつつ。
はれまのじゃこは、甘くないのが好きな人向きです。巷にちりめん山椒は数あれど、ほとんどがけっこう甘い味付け。ビニールの外から見てテラテラと照りがあるのはまずダメ(私にとっては)。長年かけて培った買わずに見分けるワザです。

ハニフラ さんのコメント...

あら、Bunさん、ついに我慢しきれずに注文を・・・^^

アハハ、そうですよね、何が起こるか分からないから、少しでも早くお腹に入れておかないと。
我が家も、頂き物だからこそで、なかなか自分で購入は・・・まさしくキヨブタです(笑)。

冷凍したことはありません。なんか、解凍した時に味が落ちてないかと心配で。でも、チルドなら大丈夫でしょうね。うちも次回はそうしよう。

はれまのサイト、さっそく見ました!
本店がいい感じ〜。お取り寄せもいいけれど、せっかく近くなので、今度お店に行ってみたいなあ。
おじゃこ名人に教わった見分け方、今後活用しますね。ありがとうございます♪