12/17/2007

昨夜のできごと


公衆電話の電話ボックスを思い浮かべてください。

あれは全面透明ですが、今回は、3面が不透明の壁だと思ってください。
ドアの面だけは、よくシャワールームにあるような、そう、すりガラスみたいな半透明だと思ってくださいまし。

電話があるべき場所にシャワーヘッド。


はい、これが、手術室の女子更衣室の
シャワールームです。
狭いんですよ。スクワットの如く、まっすぐしゃがんでまっすぐ立つしかありません。

昨日、すなわち日曜日は、ワタクシ朝から当直で、病院です。そのまま夜泊まり、今日は月曜日なので、通常
業務をして、さっき帰宅です。
あんまり不潔になると、モチベーションが下がるので、昨夜、寝る前にシャワーを浴びてみました。



あ〜〜あ、ほぐれるのう・・・
どんどん気分が良くなってゴシゴシアワアワになっていたその時、更衣室の電気が消えた。

いや、もともと更衣室とシャワー室にしか電気を点けなかったので、要するにシャワー室以外が真っ暗になったのである。










   及び腰


さらに正確に言うと、更衣室の外に、スリッパを履き替えるスペースがあり、紫外線殺菌されているので、
そこだけがぼんやりと青い光を放っているのだ。


ここは、もっとも冷静を保たねばならない局面である。
妙なことを想像してはならん。
いったん始めたが最後、悪循環に引きずり込まれて逃れられなくなる。

触らんばかりにすぐ右そばにある半透明のドアに、いきなり誰かが外から張りつかないかとか、

特に自分の顔の高さに相手の顔があったら嫌な感じだとか、

奥の手術室(7部屋もある)の方から誰かの気配が近づいてこないかとか、

ドアがいつの間にか空いていて、隙間からかぼそい手が入ってきたら・・・いや、それより隙間の
足もとくらいの高さから誰かの片目が見上げる
   ように覗いてたらとか、

そういう類のことは絶対に考えてはいけないのだ。

         考エナイ、考エナイ

実際には、これらが一瞬のうちに、次から次へと頭に
浮かんだ。
大急ぎで、頭の中の足で全部ふみ潰して、冷静を保った。

顔を洗おうかやめようか、一瞬悩んだが、その弱気に、邪気はつけいるのだと思い直し、ゆっくりしっかり顔を洗った。
これは、目を開けた時に、ほんの数センチの目の前に
誰かの顔があったら、とかいうようなしょうもない
ことを考えないようにするのがポイントだ。



こうして、ワタクシは、無事シャワーを浴び終えた。
アクシデントはあったものの、そこまでの疲れはとることができました。










  ヤレヤレ


とにかく、シャワールームの電気までが消えなくて、
助かったが、次からは、もう少し早い時間に浴びることにしよう。
今回は、まもなく0時という頃だったから。


当直明けで疲れているので、今日は更新しないつもりだったが、ほかほか、湯気の立ってる体験を書いておきたくなったのである。
この記事の中には、作り話は1箇所もない。

ただし、電気が消えた理由は、私には分かっている。
別に、怪しのものの仕業ではない。




  クリックありがとう!疲れも消え失せます。
           ↓
        BlogRanking...

4 件のコメント:

Bun さんのコメント...

ううう、こわ… シチュエーション、恐怖の温床。でも顔や手が出てこなくてホントによろしゅうございましたなぁ。
「そこまでの疲れがとることができ」ても、そのことでまたドッとお疲れになったことでしょう。お察し申しまする。

私はよく山道を歩きます。一緒に歩いている友人が「なにか、このへん、いやね…」とつぶやくことがあります。私はたぶんとてもニブくて「??」なのですが、彼女が山で撮った写真にあり得ないモノが写ったことがあったそうです。それを鑑定した「ソノ道の専門家」は、あなたは山へ行かない方がいいが、やめられないのなら「連れていかないぞ! ついて来るな!」と強く念じるように。と言われたそうです。私はニブく生まれついて幸いだとつくづく思いましたです。

ハニフラさん、おっしゃるようにシャワーはぜひ夕方までに! それにつけても日曜の朝から月曜まるまるなんて過酷なお仕事ですねぇ。どうぞご自愛のほど。

ハニフラ さんのコメント...

Bunさん、シャワーで汗を流したはずなのに、また少し汗かいてましたです。冷静なつもりでしたが・・・

えーーー そのご友人と、山道を歩くのはいささか怖うございます。
あり得ないモノ・・・うう、あれやこれやと想像してしまうっ。
こういうのは、ニブいに限りますよね。私もそうです。良かった。
犬はその辺りがけっこう鋭くて、かえって怖いですよねえ。

いや、犬たちはちゃんと分かってるから怖くないのかも。

MK さんのコメント...

落ち着いて考えてみると、
生き物とそれ以外を分けて一方的に怖がるのもどうかな、と思ったり。

 怖いのは、害意とか敵意ですよね。

 などと開き直ると怖さが薄れる。

 ・・・でも、色々考えだしてしまうと
 頭から離れなくなりますよね~。

 シャワーなんですね。
 体育館みたいに、広くいくつも
 並んだようなものがあるかと思ったら、
 電話ボックス。密閉ですね。

ハニフラ さんのコメント...

MKさん、そうなのですが、害意や敵意を持っていた場合、怖さ倍増ですよ。

外見が禍々しくて、実は敵意がないってあるのかしらん。
ああ、シックス・センスはそうだったか。
確かに、無闇に怖がるのは良くないですよね。

今の病院は、外科系当直の私の他に、内科系当直医2人、小児科当直1人、産婦人科当直1人いてるので、シャワーできるのです。一人当直の場合は、無理ですね。たとえ5分で済ませるとしても。