12/18/2017

ウェルとエボニー


昨日、大阪から四万十に戻る途中、ずっと自衛隊の車両が走っていた。

お昼前に吉備SAに入ると、ここにもずらり。
これはほんの一部

なんだろう。
我ら庶民の知らない、極秘のできごとが起こっているんじゃないか。



とか考えながら家に着くと、工事のコンクリ諸々が固まって安心になっていたので、久しぶりに犬たちを自由に走らせた。
皆、いつもより弾けて、嬉しそうにのびのび駆け回っていた。

ウェルが珍しくエボニーの相手をしてくれていたので、動画にしてみた。


動画は昨日撮ったものだけど、今日は、エボニーの1歳の誕生日。
おめでとう、エボニー。
お祝いに金箔カステラを愚弟と食べてきたぞ




12/16/2017

工事中・7日目



昨日も今日も工事はあったので、6日目とんで7日目である。

引き続き私は大阪で、母が工事の様子を送ってくれた。
北側
洗い出し、という仕上げにしてもらった
こんな感じ

今日は午前の早めに作業が終了したらしい。



懸念していた修正箇所は、意外と大丈夫だった。
手前が修正部分

境目は分かるが、色合いはほぼ同じで、これなら馴染んであまり気にならなくなりそうだ。



先月帰阪したときに、庭で撮ったシニアチームの写真を見返してみる。
ソフィ
いちじくの枝に残ったわくらば越しに撮ってみた
ルース
ウェル

3頭とも、子犬の頃から育った家(ウェルに至っては生まれ育った家)だから、久しぶりであっても、ずっと住んでいるかのようにすぐ馴染む。

大阪もまた、いいんだよなあ。



四万十では、今日はおもちが毛布に潜りっぱなしなんだって。
元気はあるそうだ
(母撮影)




12/15/2017

ヤギ乗車中


所用で帰阪している。


出先から、自宅の最寄り駅に入ろうとする電車の中で、家に帰り着いてからの動物たちの世話の段取りを頭の中でし始めて、
 「あ、誰もいないんだった」
大阪の街はクリスマスムード

自分のことをするだけでいいと気づくと、拍子抜けして、楽ちんさを喜ぶより、寂しい気持ちの方が勝った。

一方で、母は今はてんてこまいのはずだ。
工事中で制約が多いから、苦労はいつもの何倍増しにもなっていよう。
ありがたい。そして、申し訳ない。



先月の帰阪時のことを思い出す。
せっせと荷物を積み込んで、犬猫を乗せるセッティングもして、大忙しだった。

背後で
 「ゴトン」
と音がしたので振り向くと、
う!?

ヤギのうんこはほぼ無臭だが、オシッコは独特の強い匂いがある。
シートでされたらおしまいだ。
めめめめえ太・・・

可及的速やかに降ろすべきところ、思わず写真を撮ってしまうわたくし。

続いて、動画も撮った。
少々慌てながらも、撮りきった動画をご覧くださいまし。


ただ、いつもは人の声が極力入らないように気をつけているのに、わあわあ言っておる。
すみません。


12/14/2017

工事中・5日目



今朝も寒い。

めえ太はやっぱり震えている。
朝焼けに草を食む

昨日の午後、いつもとてもお世話になっている家畜保健衛生所のAさんとお会いする機会があった。

ご相談したところ、もしかしたら、草が十分に食べられなかったせいではないかと教えていただいた。

工事のために繋いでいるので、おそらく、普段ほどお腹いっぱい食べられてはいないはず。
そうすると、第一胃で発酵して熱を産生するはずの原料(=草)が足りないので、体が冷える、というわけだ。

発酵の熱で暖まることができないなら、震えることで熱を生み出すしかない。
なるほど。


さっそく昨夜はいつもよりたくさん夜の干し草を入れてやった。
なんでそんなに散らばしてるの
ノーコメントなのね

でも、今のところ、ウサギ用の袋を買って使っているので、昼の草不足を補うには足りなかったようだ。
すまぬ、めえ太。
なんとかするから。



工事は順調。
南側
スロープの傾斜を緩くし、ついでに遊歩道にした
北側
物置小屋の前



すこぶる順調だったが、ここに来て問題が発生。
全体をなだらかにしてもらうはずが、なぜか途中からになっている。
ガーン

責任者のKさんが平謝りで、今日修正してもらうことになっている。
でもきっと、ツギハギは隠せないことだろう。

仕事そのものはとても丁寧で綺麗な仕上がりなだけに、痛恨のミスだ。
できる限りのことをして挽回してもらうよう、しっかり頼んだ。
なんとかなるといいがなあ。


12/13/2017

どっぷり冬



先々週は、変に暖かい日があって、なんと12月なのに蚊取り線香を焚いた夜もあった。

先週末頃から、いよいよ寒さが本格的になって、木々も葉をどんどんふるい始めた。
朴の落ち葉
装着
全然気にしてない

猫もくっつきがちになってきた。
なんでいつも重い方が上になるの

犬たちはいつも通り。



木の葉が減って、めえ太は地面の草をよく食べるようになったのでちょっとホッとした。

のもつかの間、イチゴの木の美味しさに気づいてしまったようだ。
11月15日
植えて6年ほど やっと安定して花が咲くように
11月25日
もう少し黒々すると美味しくなる
11月29日


ええと、ヤギに除草を期待している方。

地面の草以上に、木の葉、小枝、木の皮、それらもおおいに食べられることを覚悟した方がよろしい。
今朝のイチゴの木
(常緑樹なので落葉したわけではない)

あと、立ち上がって体重をかけて上の方まで食べようとするので、重みでかなり太い枝も折られてしまうことを覚悟した方がいい。
折れた幹 食われる葉っぱ

と、ヤギ飼い初心者の私でもできるアドバイスです。



昨夜はまたひときわ寒さが厳しく、朝の散歩中も、めえ太はぶるぶる震えながら草を食べていた。
ただの寒さか、病気じゃないか、少し気にかかっている。