2/19/2008

足を洗う

カタギになったとか、そういう話ではありませぬよ。


室内飼いの犬が増えた。

欧米は屋内も土足なので、特に大きな問題はないので
あろうが、靴を脱ぎ、畳のヘリを踏まぬよう歩き、
板張りには雑巾がけをする日本の暮らしでは、犬を家に上げるということはたいへんなことである。

          ソウカシラネ


我が家は、以前飼っていたシェパードは、完全屋外飼いだった。
何とかして部屋に上がりたい彼女と、ほんとは一緒に
部屋で過ごしたいけど、犬は犬、と心を鬼にしていた
我ら家族との攻防が繰り広げられたものだった。


十数年を経てようやく再び犬を迎えたとき、いつも家族のそばにいたい犬であることをブリーダーさんから
言い聞かされ、

         オムツ時代のルース

部屋でも犬と一緒に過ごせるなんて願ったり叶ったりの私の熱弁も功を奏して、ガディはめでたく室内飼いとなったのだ。


それでも、最初は玄関ホールまでだった。


居間に入ることは禁止されていたから、ガディは、
うう〜んと伸びをしながら、前足を居間の敷居から10cmほど入れ、後足を寄せて伏せ。
またしばらくしたら後退しないように、上手に立ち
上がって、うう〜んと伸びをして10cm前足を進めて、
後足を寄せ。
という涙ぐましい努力を日々繰り返していた。

 入リタヤ アア入リタヤ 入リタヤ  ─右ニ同ジ








あれから13年を経て、今や、ダイニングは犬用の部屋と化している。
庭からそこへは、足を洗うことなく出入りすることになっているのだ。
ダイニングに入る時は必ずスリッパを履き、そこで食事をするとき、我らの気持ちはアメリカン。
(室内土足、てところが。)

        X'mas料理で、アメリカン

       料理は鍋でも、アメリカン


1年ほど前までは、4頭とも、毎回お尻と足を洗って部屋に入れ、全部屋が自由であったが、3頭まではなんとか
頑張った我らも、4頭になるとさすがにつらい。
気持ちだけは一人前のルースが、恐れ多くもガディ様にたて突くことも見られ始めたこともあり、格の違いを
知らしめるべく、人間と常に共に過ごせるのはガディ
だけとした。


       全身シャンプーは数ヶ月ぶり

うわ〜〜 洗うの一頭だけって、ラクチン!!



それにしても、つねづね思っていたのだが、一般的に、室内飼いの犬は、
部屋に上がるとき、足だのお尻だの、どのようにしているのか?

我が家のように、毎回風呂場でシャンプーつけて徹底的に洗う派、それから、玄関などで溜め水で洗う派、
絞ったタオルで拭く派、マットの上を歩かせるだけ派、
その他・・・

いや、毎回濡れるのは犬にも良くないだろうし、
拭くだけでいいんじゃ、とやってみたこともある。

だが、拭いても拭いても雑巾が汚れる。
大量の雑巾を洗うはめになった上に、どうもすっきり
きれいにならない。
ええい、洗った方がよほど早いわ!!
と、結局風呂場へ。
溜め水で洗ったときも同様だった。
私のやり方が、なにかマズイんだろうか。


今度、田舎で暮らす際には、家はほぼ土足にしようと
決心している、犬の足&尻洗いに疲れたワタクシなのであった。

      洗うの疲れた   ─アタシモ





  クリックありがとう!欧米に越そうかな。
           ↓
        BlogRanking...

6 件のコメント:

jick-jick さんのコメント...

犬の洗濯、疲れますよね
ジックを洗う時いつも思ってましたが
洗い終わって白が真っ白になるとひとりでニタニタしてしまいます

アイスはあっという間に洗濯できるし
あっという間に乾いちゃう簡単な奴です

これからの北海道雪解けをむかえて
犬たちは毎日ドロドロ状態
雪がある時は まったく?汚れないのに
その分春は大忙しです

pixcy_cat さんのコメント...

昔は、犬を家の中で飼っているお家は殆ど無かったですね。
番犬の役目を荷い、吠えない犬はダメみたいに言われてましたものね。

猫は楽ですよ。 そもそも、お散歩しない(させない)ですから。
家のマンションは、玄関にシャワー付きの洗い場が付いています。
でも、半坪程度の個室なので、大型犬は無理だろうなぁ。 
私はクローゼットとして重宝してますが、コートの後ろにシャワーが有って変(笑)

【第六感】
オツムの本眺めていて思ったのですが、
年の功って、経験に基づく知恵、例えば展開の予測とか咄嗟の判断力ですよね。
で、もし先祖の「経験」の記憶がDNAの螺旋に隠れているとしたら、
「何故かこうしたい」とか、「どうもいやな予感がする」等と、理屈抜きの直感が働く時って、
奇跡的に先人の記憶が蘇る瞬間かな、と考えると納得行く気がします。
「初めてなのに来た事有る様な気がする」ってのも、その類なのかしら。
などと、素人考えの妄想を楽しんでます。

【毛皮】
何も考えない無知な頃、毛皮を買った事があります。
その後、猫の里親になった事がきっかけとなり、色々な情報を得ました。
一度だけ画像を見た事がありますが、今回は見れませんでした。
今は一枚も持っていませんが、毛皮無しで充分暖かく過ごせています。

【開かずの間】
母屋のほうに、どうしても入れない開かずの間が有るのです。
それは「ドリアンと生サラミ」の間。
不思議な事に、その前後の部屋には入れるの。
もー、木になったドリアンが、気になって気になって・・・・

(訂正)
『脳卒中』電子辞書に載ってました。 CASIOさん、ごめんなさい。

なちゅまる さんのコメント...

足を洗う(堅気になる)じゃないのね(笑)



わかります!わかります!
でも、ウチは洗ってますよーっ!ナルトだけは。

オレオとぽっぽちゃんは、足がホント小さくて、お散歩に行ってもほとんど汚れないの。
だから、雑巾で拭き拭きだけで全然OK!

でも、問題はナルトです。
毛むくじゃら王@ナルトです。

ヤツは飾り毛が半端じゃないので、足回りの飾り毛&腹回りの飾り毛&口周り(ヨダレ)で、ヒドイ事になるので、
洗面所に連れてって、毎回石鹸でゴシゴシやってます。
かなり面倒です。


でもその足汚れ対策に、リビングを土足にしちゃう、アナタはスゴイ!
ダイナミックな選択!
さすがハニフラ家。
感動しました。

ハニフラ さんのコメント...

jick-jickさん、ええ、疲れます。洗ってる間は結構楽しいのですが、乾かすのが面倒で。
自分の髪と一緒です。

そっか、洗ったら白が真っ白に・・・
うちは黒だから(涙)
あ、でも、灰色が真っ黒になるかな。

アイス、いいですよね!
本来短毛の犬が好きなんです。なんで長毛ばかり飼ってるのか自分でも謎です。

北海道も、まだまだ雪解けは先、ですよね?

ハニフラ さんのコメント...

pixcy_catさん、犬用洗い場をクローゼットに?なんだか、想像できません^^
コートの後ろにシャワーとは、上手く写真を撮れば、前衛芸術みたいな作品ができあがりそうです。

[第六感]
すみません、オムツの本と読み違えました。そういう話がけっこう好きでして。

比較的頻度の高い経験というのは、きっとDNAに刻まれますよね。そうでなければ進化もあり得ないですもの。
でも、頻度は少なくても、生命に関わる危険のように、非常に強い衝撃(感情の起伏)とともに経験した事というのも、DNAに折り込まれる可能性も、あるのではないでしょうか。
それに加えて。
DNAが受け継がれるためには子孫を作らねばならず、子孫を作るのはある程度体が若くて、DNAの傷も少ないうちが良い。そういう自然のシステムを考えると、長年生きて得た経験は、全部無駄になることになります。
そこで、「深層意識、潜在意識では全ての生物は繋がっている大きなひとつの生命体である」という考え方が、けっこう当たっているのではないかと思ったりします。
脳外科は専門でも、脳科学は私も素人です。考え始めると、面白くてとまりませんね!

[毛皮]
猫の里親さんをなさっているのですか。
大切なことをなさっているのですね。
私は今は犬ばかり飼っていますが、猫も大好きで、以前飼っていました。アレルギーがあるにも関わらず。飼っている間中、喘息がひどかったですが、ある日、学校へ行く私を、いつもより遠くまで送ってくれてから、いなくなりました。本当に可愛い猫でしたので、誰か猫の大好きな人が連れて帰ったと、今でも信じています。

私も、なんにも考えずに毛皮のマフラーを買ったことがあります。ウサギで、2000円でした。なんて安いのかしら、こんなに手触りが良くて暖かいのに、と喜んで使っていました。知らぬこと、考えぬこととは、なんと恐ろしいことか。
自分の姿を顧みて、そう実感したので、あの記事を絶対書こうと思っていたのです。
一度見れば十分です。一度知れば、忘れることはありませんもの。

[開かずの間]
あらあらあら。
そんなことになっておりますか!?

母屋の方も見ていただいているのですね。ありがとうございます。かれこれ9ヶ月ほど手つかずで、廃屋か?と思われそうですが、本当はとっても大切な、そう、母屋です。あちらは、特に力が入ってます。
むー、なぜに「ドリアンと生サラミ」の間だけが・・・
ドリアンの異臭のせいでしょうか・・・
(何をしょうもないこと言ってんだ)
解決できるかどうか自信はあんまりないですが、調べてみますです。
木になったままでは、いけませんものね^^

ハニフラ さんのコメント...

わー、なちゅまるさん、毛むくじゃら王ナルトくん、うちの連中とおんなじです。
足回りの飾り毛&腹回りの飾り毛は、枯葉や枯れ枝、泥なんかをてんこもり拾って帰ってくれるので、我が家の玄関先には周りにはない木の枯葉がバラバラ落ちてます。
それと、やはり、足の裏の汚れ度には、重量も関係しているかと。
ナ、ナルトくん、オレオちゃんとぽっぽちゃんに比べての話ですよ〜。

オレオちゃんとぽっぽちゃん、どこまで可愛いんですかー♡
いいなあ、いいなあ。
小さくて拭き拭きだけなんて、楽で羨ましいというより、可愛らしくて羨ましい・・・

土足にしちゃったのは、ダイニングですよー。リビングはじめ、ほかの部屋は清らかなままに保っております。
ダイニングは決して裸足で入れなくなりましたが、とっても土臭くなりましたが、めっさ楽。
あー、土足にして良かった〜と、いつも思います。

あ、またもやうちのがさつな連中をブログに載せていただきまして、ありがとうございます。
びっくりしました^^
いつまでもぽっぽちゃんの心の父、ハニフラ家の黒い面々からも、お礼を申し上げます。