2/16/2008

仕事人

一昨日は、ガディのTVデビューだった。
地域限定の放送ではあるが、15分ほどの番組である。
たいしたもんやんか。うへへ。

      小型マイクを装着。TVて感じやね!

当たり前だが、TVの撮影現場というものを初めて見た。
しかも、野外での撮影だから、なんだかたいへん格好いい。
通り過ぎる人たちも、あら、TVの収録だわ、てな感じで写真を撮ったりしている。

思ったより少人数で、きれいに仕事が進むことに感心
した。


インタビュアー&司会進行係のお笑い芸人さんが
お二人、カメラマンと音声(でいいのか?シロウトゆえ正式名称が分からない)の方お二人、仕切り役の方が
お一人*、調整役の方がお一人*。総監督(?)の方が
お一人。
全員でたったの7人である。

そこへ、まるで勝手の分かっていない、ガディと私が、よちよち参加して足を引っ張っているのに、きわめて
なごやかに、滞りなく仕事が進む。

       収録中に堂々たるマーキング。

これも当然と言えば当然だが、各人が自分のするべき
仕事に集中しつつ、(月並みな言い方だが)全員が
ひとつになって働いているからだろう。


私は、美容院に行っても、美容師さんが髪を触ってくれている時は雑誌を見ない。

別に、難しい理由があるわけではない。
単に、美容師さんの手元を見ているのが
好きなだけである。

職種が何であれ、プロフェッショナルの
仕事ぶりを見るのはまことに楽しいものである。


そばで見ている者を、わくわくさせる。
ただ仕事しているだけなのに、心が沸き立つような
気持ちにさせられる。
それがプロだ、というのが私の勝手な持論である。
お金をもらっている、いないの違いではなく。


そういう意味で、とても楽しい経験であった。


んで、わくわくしながら見学していて、うっかり、
放送日を聞きそこねた。



     クリックありがとう!
バレンタインのバの字も思い出さなんだ。
         ↓
      BlogRanking...



番組放送前なので、詳しいことを書くのは控えます。
いや、よく知らないけど、たぶん、その方がいいような気が。

*本日名刺を確認。
 仕切り役の方はプロデューサー、調整役の方は
 制作会社の代表取締役、となっていました。
 そ、そうだったんだ・・・

4 件のコメント:

ルフュママ さんのコメント...

プロの仕事・・・う~む、同感です!

先日、知人のシャンパンバーへ遊びに行きまして。彼の優雅な所作にはまさにうっとり。が、さらに感動したのは、彼が「気を消せる」ことです。必要な時だけ、その空間に存在して、用事が済んだらお客の世界から消えるんです。目の前に居るんですけどね。壁になれるみたいです。

気を消せるなんて・・・ゴルゴ13のようだ!と感動したシャンパンバーでの出来事でした。

MK さんのコメント...

撮影、試験中じゃなければ見に行ったのに・・・。

残念!!!

 放送楽しみです。

 プロフェッショナルの仕事、気持ちいいですよね。できる人は減っているような気はしますが・・・。

 誇りを持って仕事してほしいものです。
 いや、働いてないやつがいうと説得力が。

>ルフュママ様

 「気を消せる」ってすごいことですよね。
 さまざまな職業で求められそう。。。

ハニフラ さんのコメント...

ルフュママさん、MKさんも書いてますが、「気を消せる」というのはほんとにすごいですね。
でも、「気を消してる」ことに気づいたルフュママさんは、かなりの仕事人好きだとみました。

プロの仕事にいち早く注目してしまうのは、ゴルゴを熟読してる賜物でしょうか。
今度、ゴルゴ話をしたいですね〜!
ぜひ、その知人の方のシャンパンバーで!

ハニフラ さんのコメント...

MKさん、試験中だったですか。
残念なことです。
TVクルーの方に、経費でドーナツ頂きました。おいしかったです。

でも、撮影は、寒かったです。
私が犬連れの撮影を、とか言わなければ、たぶん屋内でぬくぬくだったのでしょうに。
スタッフの方にもタレントさんにも、気の毒でした。
(↑後から言うな)

働いてない期間が若干長めの人は、「仕事できるシアワセ」を、より強く感じることができ、いざ仕事を始めた暁には、喜びとともに打ち込めることでしょう。
そして、プロフェッショナルに育つでしょう。

楽しみにしておりますよ。