1/27/2009

ヒーツ解散

早くも、書きたい事にブログ更新が追いついていない・・・
とりあえず、健康管理上(犬の)優先しておくべき事から書き留めておこう。




昨日、女子チームがめでたくクレート生活解除となった。
万全を期して、あと一週間と思っていたのだけど、何だか急に「大丈夫!」という気がしたのだ。
(なんて感覚的な判断)


まず、ルースと一緒にしてみる。

この間までいい匂いがしていたソフィに、さっそくアタックしてみたルースだったが、気の毒に一喝された。

ウェルの方が一週間遅れなのに、ウェルにはあんまり興味がない。

そのうち、なんか先日までと違う・・・と気づいたようだ。(↓一喝された直後の写真)

         オカシイナ 変ダナ


ここで、ホープも投入。
子供の癖に、いっちょまえに勢いよく駆け寄って、一瞬のうちに投げ飛ばされていた。


もう大丈夫のようだ。
よく我慢したね、お前たち・・・

      イエ 快適ナ別荘暮ラシデシタ



しかし、絨毯に絡まる黒い毛が、今までの2倍、いや3倍、4倍に増えた。

なんといっても、武闘派がふたり、出所したわけだからな・・・



いちおう室内では騒いではいけない決まりだが、
今日だけは大目に見てやろう。

ペルシャ絨毯は裏返っているし、ランの鉢は転がっているけれど。



2 件のコメント:

Aya さんのコメント...

武闘派(笑)の写真、すごい!
晴れて自由の身(?)になってよかったですね〜

ハニフラさんの「雪の日に考える」という記事を、私のブログの記事「毛皮のこと」にリンクさせていただきました。事後報告になってしまってすみません。
少しでも無駄な死がなくなるよう祈りつつ…。

ハニフラ さんのコメント...

Ayaさん、ブログの記事拝見しました。
私も今年のファー・オブ・ザ・イヤーのニュース、チラッとですが見ました。
まだこんな認識とは・・・
ほんの少し想像力を持てば、ほんの少し身の回りのことについて考える時間を持てば、今の日本で毛皮を身に纏うことがどういうことか、分かると思うのですが。
飾り立てるために身につける毛皮は、動物達の、全くもって無意味な、かつ残虐な死の上に手に入れた物なのだと、早く気づいて欲しいです。

あ、リンク、事後報告も何も、使えるものはご遠慮なくお使い下さい!