2/28/2009

宴会つづき

ゆうべ、書いてる途中で寝ちゃった。


今日はしゃぶしゃぶで宴会でした。
ダシが選べるお店で、うちのテーブルは、昆布ダシ+豆乳ダシ。

満腹満腹。



先週は、お寿司で宴会。

私は、お寿司があんまり好きじゃない。20代中頃までは嫌いだった。
今は、嫌いではなくなったし、食べればおいしいと思うが、進んで食べたいとはそれほど思わない。


でも、ここのお寿司屋さんはおいしいのです。
もちろん、自分で寿司屋に行くような御身分ではないので、いつも上司に連れて行ってもらいます。
(仕事を始めるまで、握りも含めて、お寿司って自分ちで作るもので、よそで食べるものではなかったし)


お寿司やお刺身が苦手だった頃の名残か、あまり食べると、気分が悪くなるのが残念ですが、磯若さんでは、気分が悪くなっても食べてしまうくらい。

大将との話も楽しい。
焼きものの話になると、次から次へと器を見せてくれる。
古伊万里もたち吉も、取り混ぜて上手に使いこなしているから見ていても楽しいのです。



あと、お酒もね。



何でこんなに宴会ばかりかというと、私の後輩が、2月いっぱいで異動となるから。

各部署ごとに送別会をするから、連発になるのだ。
例えば、先週土曜日は脳外科チームの、今週火曜日はICUの、金曜日は脳外科病棟の、土曜日ーつまり今日は手術室の、送別会。

宴会の波状攻撃で、全部出席してたら胃袋もお肌もお財布もへばってしまうから、私はいくつか選んで出ているけれど、そうもいかないのは主賓である後輩だ。
日付が変わるまで宴会に出て、翌日は通常通り外来だの手術だのと仕事をして、夕方からまた宴会という日が続く。


かくして、私より7つも年下の彼のお腹は太鼓腹になっているのである。

ご愁傷様、もとい、お疲れさま。


(いいこともある。これは後輩に、遊び心いっぱいの
 大将からのサービス。
 私は写真に撮っただけでありつけず。)

12 件のコメント:

ひより さんのコメント...

ああー。お寿司。わたしもそれほど好きじゃなかったです。
どうも、子供の頃よく食べてたお寿司屋さんが、ちょっと変わった味(控えめに言うと)だったようで。
お寿司はネタもですが、酢飯の味も、重要ですよね。
東京へ出て、回るお寿司を食べて初めて美味しいと思いました。
今になれば、やっぱり静岡はお寿司、美味しいです♪
宴会もそうなるとキツイですね、、、。主役には。
こないだのキツネさんたちも、きっとその夜は宴会だったことかと。
きっとご利益ありますよ、ハニフラさんに。

むつき さんのコメント...

私はお寿司大好きです。海産県の長崎出身だもん。実家ではお魚は新鮮、おいしい、そしてお安いです。
東京に来てからしばらくは刺身は(まずくて)食べられませんでした。

>仕事を始めるまで、握りも含めて、お寿司って自分ちで作るもので、よそで食べるものではなかったし

ええっ、そうなんですか?ちらし寿司やバラ寿司って家で作ってましたが、握りって家では1度もないです。
そういえば、うちは父のお給料日に必ず出前を頼んでました・・・なつかしい思い出です。

ところでハニフラさん、画像にある魚の頭『犬のご飯に』ってもらって帰らなかったんですか?並んでいるの全部もらったら、1食分にちょうどいいくらいですよね〜。

あが さんのコメント...

ああ、眼の毒写真がいっぱい・・・。
私もお寿司大好きです。
でもお寿司に関してはLAにいても大丈夫。
寿司屋の件数だけで言えば、大阪よりも多いかも。
もちろんその中で満足のいくレベルとなると
数は限られますが、そういう店のレベルの高さは出色ものです。

宴会の主役さん、毎日たいへんだけれど送別されるのって悪い気はしないし、後から思い出すと「たいへんだったけど楽しかったな」と思われるのでしょうね。
で?ハニフラさん魚の頭は持って帰られたんですか?(笑)

ハニフラ さんのコメント...

ひよりさん、静岡の子なのにお寿司がイマイチでしたか〜。土佐の子なのにイマイチだった私と同じですね。

酢飯は確かに、大事ですね。
けど、私の場合、普通のご飯があまりにも好きな子供だったため、酢飯が許せなかったような気がします、今考えてみると。
お寿司が嫌いというより、私の中で相対的に評価が低かった、と。

大人になると嗜好は変わりますね!
お寿司も美味しいとか美味しくないとか分かるようになったし。
静岡は魚ものは、イケるでしょう〜^^

キツネの御利益あるかしら。
私は宴会の翌日は、たいてい胃を悪くするのですが、キツネ一家も翌日胃の具合が悪くならなかったらいいのですが。
(お腹冷えただろうし)

ハニフラ さんのコメント...

むつきさんも、これまた海の幸の県出身なのですね!
東京に出てしばらく、お刺身がまずくて食べられなかったというお話、分かります。

母から同じような話を聞かされて育ちました。
高知から大阪へ出てきて、食べる以前に、魚の色が悪いのに驚いたんだそうです。(味は言うまでもなく)
ウナギなんて、弟たちが獲ってくるもので、買うものとは思ってなかったって。

でも、もっと驚いたのはチシャを売ってたことなんですって。ずっと鶏の餌にしてたから、って(笑)
おいしいのにね。田舎の方が本当の意味で贅沢だと思います。

ハイ、うちは握りも全部家で作ってました。出前も取ったことはないです。
だから、社会人になって、初めて寿司屋さんに行った際、どうすればいいのか分からなくて、とまどいました。
かっこわる〜。

ハニフラ さんのコメント...

あがさん、お寿司屋さんってアメリカでは大人気なんですってね。
いかにも日本的な繊細な味わいだから、アメリカ人の口には合わないんじゃないかという気がするのですが(←バリバリ先入観)、案外お豆腐も人気ですものね。

ニュースなんかで伝わる範囲の知識しかありませんが、アメリカのお寿司屋さんって、ネタがバラエティに富んでいて、とても工夫されているんですよね?
こんなお寿司なら私もお気に入りになるかも、と思いながら見た覚えがあります。
行ってみたいな〜♪

送別会、ほんと肝臓には辛いですが(笑)、嬉しく、有り難いことですよね。
うちの病院は、そういうところはいい意味で昔風というか田舎風なところがあって、よそよそしくないんですよ。
後輩も、喜んでいました。(今日から新たな職場で頑張っているはず)

えっと、魚の頭ですか。
むつきさんにも突っ込まれておりますが・・・^^;
すみません、お酒のせいかそこまで頭が回らず。
(心おきなく飲めるよう、わざわざ家まで車を置きに行き、電車で戻ってきた:往復所要時間2時間)
つーか、恐らくこの頭は最高のおダシに使うと思いますので、きっと譲ってくれません。

ちなみに、今日の犬めしはサンマでございます。DHA+EPA存分に摂っていただきましょうぞ。

jick-jick さんのコメント...

お寿司大好きのjick-jickです
是非、我が家へ遊びに来て下さい
稚内から函館まで食べてきて
私のお勧めの店に行きましょう
そちらの価格の1/3位かまだ安いそうです

お待ちしています
アイスもフェイスもそして…ウズラもです

ハニフラ さんのコメント...

北海道のお寿司屋さん!しかも、jick-jickさんお勧めの!
それは美味しそうですね〜!!

北の大地は遠いけど、なんとかしてお伺いしたいものです。
大阪で会うのもいいけれど、北海道でのびのび幸せなお顔のフェイスアイスとウズラちゃんに会いたいなあと思います。

去年、こちらでお会いした時は、暑かったですものね〜〜^^;

Kyoko Alscher さんのコメント...

瀬戸内で魚市場を持っていた(過去形)家の出身の私です。
ですが、例に漏れず子供の頃はお刺身が苦手でした。
だからお寿司も食べに行った事ないし、毎週祖母が買ってくれていた美味い刺身も食べずに育ち、「フグって、ハマチってこんなに美味かったのか!Σ( ̄□ ̄;)」ってな感じで大人になって後悔しています。

今では家族で定期的に知り合いの日本人が経営するお寿司屋さんに食べに行っています。
行くとチビラは絶対に「鮭メニュー(鮭づくしのにぎりと巻きのセット)」しか食べません。
ピンクだから、でしょうね、たぶん。

海外仕様のスシ、ありますよベルリンにも。
一時ヘルシーフードとしてブームになったお陰で、中国人やらベトナム人やらタイ人やらがこぞって手軽そうなスシを売り撒いています。
中には鶏肉がネタのものとか、もう涙が出そうなのも。
舐められてますね、奴らに。

そういえば東京時代にはたしか刺身はマグロくらいしか食べなかった記憶が。
魚はよく築地で買ってきてました。(仕事の関係で毎週行っていたので)
昨年の帰国時にも築地に行ってきましたけど、やはり少し変わったかな。(この国に行っても市場好きな私)

あが さんのコメント...

アメリカン寿司をいくつかご紹介しましょうか(笑)
一番有名なカリフォルニアロールはカニカマとアボカド、トビコが少々。
海苔の色が苦手なアメリカ人のために裏巻きが一般的です。
(我が家がいつも行く日本人経営のお寿司屋さんはカニカマでなく本物のカニとアボカド、繊細なキュウリの千切りが巻かれていて激ウマなんです。もちろん裏巻きでなく、普通に巻いてあります。)

以下は、我が家行きつけのお店にはないのですがたいていのSUSHI Restaurantにあるメニュー。

レインボーロール。カリフォルニアロールの上に鮭、はまち、アボカド、エビ、マグロを乗せてあります。こんな感じで↓
http://www.flickr.com/photos/24689379@N00/2451375567/

スパイダーロール。日本ではあまり見かけないソフトシェルクラブの唐揚げを巻いたお寿司。
飛び出したカニの脚がクモっぽいので。

キャタピラーロール。なんで虫の名前ばっかりやねんって感じですよね(笑)
カリフォルニアロールの上にアボカドの薄切りをびっちりと乗せてあります。
で、見かけがイモムシっぽいからキャタピラー。

フィラデルフィアロール。クリームチーズとスモークサーモン。これ、手巻きパーティーの時なんかに使える組み合わせです。

豆腐はねえ、たしかに人気あるんですがテリヤキとかステーキとかにするのはまだ良いとして、オレンジジュースと一緒にミキサーにかけて「ヘルシースムージー!」とかねえ、ブルーベリーソースかけたりねえ、なんかびっくりするようなことやってくれますよ(笑)

ハニフラ さんのコメント...

Kyokoさん、ご実家が魚市場を持っていらしたですって!?
今回の記事で、拙ブログにコメントくださる方には、海産に縁のある人が多いことが判明しましたが、Kyokoさんが海産チャンピオンですね。

あれ、ちょっと待てよ。
なのにお刺身が苦手だったのですか!お仲間ではありませんか。
でも、子供と大人では嗜好も違いますから仕方ないですよね。大人になって、お魚のおいしさが分かれば、人生十分幸せです。

ピンクだから鮭メニューを食べるチビラちゃんの様子が、浮かぶ浮かぶ^^#
『可愛い女の子』炸裂ですね〜。
女の子って、なぜにあんなにピンクが好きなのでしょう。またそれが似合うし。
かくいう私も、幼稚園の頃はピンク(それもけばけばしい〜の)大好きでした。小学校中学年くらいから、ピンクなんて絶対嫌、青でなきゃ!みたいになってましたけど(今は何でも好き)。

>中には鶏肉がネタのものとか、もう涙が出そうなのも。
あはは、それはもはや寿司ではないのでは・・・(笑)
でも、寿司と思って食べなければ、案外おいしそうな気がしますが。

築地、外国の人にも人気なのでしょう?見学に大勢訪れるとニュースで読んだような気がします。で、マナーが悪い輩がいて、迷惑してると。
大阪は黒門ですね。私は幼い頃行ったくらいで、自分の記憶はないのですが、両親はよく行ったようです。

そういえば、和歌山県串本の病院に当直に行っていた頃、病院はめっちゃくちゃボロかったのに、晩ご飯のお刺身が異様においしかったのを思い出しました。

ハニフラ さんのコメント...

あがさん、アメリカン寿司(←この呼び方もインパクトあります)のご紹介有り難うございます。

そうそう、カリフォルニアロール、これだけは名前を知ってます。
TVなんかでは、”こういうものが入ってる”て言ってくれてるのですが、覚えてませんでした。トビコも入ってたんですね〜。ちょっとコクのある感じが食欲をそそります。

レインボーロール、教えていただいた写真を拝見して、美しさにため息をつきました。
まさにレインボー!
一つ一つのネタを味わうというよりは、ネタとネタのハーモニーを楽しむのかしら。
パーティなんかでは、本来の渋いお寿司より、こういう華やかで彩りの綺麗なアメリカン寿司の方がよさそうですね。

あの〜、アメリカ人は、虫系統食べるの平気なのでしょうか。
私ダメです、クモっぽいとか、イモムシっぽいとかのお寿司。考えただけで、ぐへー。
(高校時代、つのだじろうの”虫”という漫画を読んでから特にダメになりました)
そんな名前を付けなければ、気づかずに食べるでしょうけど・・・(具はおいしそう。アメリカでは、アボカドをよく使うんですね)

フィラデルフィアロールは良さそうですね!
これ、今度家でもやってみるかな。こんな取り合わせ、思いつきませんでした。先入観がないって、いいことです。
あ、白とピンクだから、Kyokoさんちのチビラちゃんも喜ぶかも^^

豆腐ハンバーグなんかは、今や私たち日本人も普通に食べますからいいとして(でもやっぱりハンバーグはミンチで食べたい)、フルーツとの組み合わせですか。
これまた思いもつかない食べ方。あがさん食べてみられたのですか?お味の方はいかがでしょう。
ちゅーか、自分ちで試せるんですけどね。試そうと思えばね。
たぶん、試さないと思います・・・^^;

いやいや、楽しいアメリカのお寿司事情、生の情報をありがとうございました!!