10/08/2008

鍋来たる

なかなか記事を書かないものだから、どんどん話の鮮度が落ちる。

えー、ようやく、鍋の話。

ダッチオーブンを入手しましたよ、我ら。








9月初めのある日。
愚弟が大荷物を抱えて帰宅した。


ダッチ一式である。
私が梅田を足を棒にして歩き回って手に入れられなかった恨みを、はらしてくれた。
でかしたぞ、愚弟よ。



ところで、ダッチオーブンを野外で使うには、それなりの周辺道具が要る。
火を扱う事柄だから、ケチらずちゃんと揃えねばならぬ。

これまで、妙なところでケチって、”安物買いの銭失い”を重ねてきた我ら、ここでその教訓を生かすべし。
てなわけで、かなりの散財であったが、こんな感じで買い整えてみた。

まず、鍋の蓋を開けるヤツ。


炭火を扱うための手袋。
これで炭火もわしづかみ・・・は絶対無理。


炭火を簡単に熾すためのもの。
煙突の原理だそうな。炭火を熾す苦労は、ようく知ってます。


焚き火台。


そして、鍋!
ダッチオーブンでありんす。


さ、後は実践あるのみ!












てなわけで、お山へ鍋を携えてゆきました。
おいしいもの、作れるかな?

          早ク、早ク


次回、ついに鍋のフタが開く!

           ウムッ

4 件のコメント:

ひより さんのコメント...

おおおっ。ダッチオーブンだあ♪
先ほどは、コメありがとうございました!
こちらは一式揃ってた。スゴイ!そうそう、炭は火が付きにくいんですよねえ。
これで外で鍋食べたら、最高ですね。
犬いっぱい連れて。いいなあ、素敵家族だなあ。
これで、ローストビーフ、よさそう~
ローストビーフ、『イギリスはおいしい』のレシピで作りたいと思ってたんですよね。
鳥の丸焼きとか!前に玉ねぎ焼きとかも言ってましたね、コメで。
レンジオーブンは火力が弱くていまいちうまくいかないんですが、、こういうの、使えばいいんですね。

ハニフラ さんのコメント...

ひよりさん、早い〜!^^
道具揃えるのって、楽しいでしょう。
特に私、形から入る方なもので。

いや〜、本当に、最高でした。
犬いっぱい連れて、屋外で、炭火焼き。
ワイン飲みつつ。

ところがですね、ローストビーフは、まだ到達しておりません。
そこ、ひよりさんの出番ですよ!
シェフとして、おいで下さいまし。
あ、お客としてでもいいです、いいです。
なんすか、『エゲレスはおいしい』て。
そーいうレシピがあるんすか。ほおん。
・・・まあ、そういうレベルですよワタクシは。(-"-)
どうぞ、助けて下さいまし。

タマネギの丸焼きは、やりました。
たいへんに、うまかったです。うふっ。

Aya さんのコメント...

次回が楽しみですね。
蜂の記事で、何気なく登場してましたから、
「おっ! いよいよカナ?」と期待しておりました。

ダッチではないのですが、うちにもストウブという
重い鍋がおり、なかなかいい仕事をしてくれます。

趣味悠々のダッチオーブン入門(だったか?)、たまたま見たことがあり、お魚の塩竃なども大変おいしそうでした。
ワクワク!

ハニフラ さんのコメント...

Ayaさん、ストウブ、ダッチを調べている時にばっちりチェックしてました!
フランスの、信頼度No.1のお鍋ですよね。
かのポール・ボキューズ御用達という。
さっそく、Ayaさんとこのストウブ記事をチェックいたしましたです。
素敵においしそうなお写真にKOされました。

>お魚の塩竃なども大変おいしそうでした。ワクワク!
わ〜〜、ダメです、Ayaさん・・・
料理らしい料理まで、たどり着かなかったので・・・
お魚の塩竃なんて、あんな高度な技は、次のお楽しみです。
いや、次の次かな?次の次の次かも。いやいや、そのまた次の次の・・・

私、料理はあんまりできないくせに、調理道具には興味津々なんですよね。
「道具」というものが好きなもので。

それにしても、Ayaさんするどい!
蜂の記事で、ダッチがちらりと顔見せしていたのにお気づきだったのですね^^#